ガジェット

【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】モバイルバッテリーと急速充電がこれ一台でOK!常にカバンに入れておくべし

 モバイルバッテリーって、いざ使おうとカバンから取り出した時に、充電切れてて使えないってこと、よくありますよね!?

あるよね!?

えっ!?

ないの!?

いっつもそんな感じなズボラなガジェットンです。 

モバイルバッテリーって今はほとんどの人が持っていると思うんですが、一番ネックなのが充電の手間!

バッテリーの充電がなくなった後にカバンから取り出してケーブルをつないで、充電して、またカバンにしまって…もっとこう!便利なのないんかい!って思ってたらちゃんとありました。

Anker のPowerCore Fusionは家でスマホを充電して、そのままズボッと抜いてバックに入れればあら不思議。

モバイルバッテリーとしての充電もバッチリ出来ているという代物です。

これで使いたい時に充電されていない!という残念なことは皆無になりました!

ガジェットン
ガジェットン
バッテリーの充電する為だけに、色々やるって面倒なんだよね。
ねこまさん
ねこまさん
これならスマホを充電しながらバッテリーの充電も出来るのだ!

【Anker PowerCore Fusion5000】仕様・外観レビュー

サイズは7.1×6.9㎝です。

プラグ(コンセントに差すところです)が折りたためるので、バックにいれてもかさばらないし、傷つきません。

ポーチが付属しているので、それに入れてもいいと思います。(私は無くしました…)

厚さは3㎝です。

やっぱり充電器も兼ねているので、普通のUSB充電タイプのモバイルバッテリーよりは厚いですね。

重さは約185g。

こちらも通常のモバイルバッテリーよりは多少重いかもしれませんね。

【メーカー製品仕様】

製品サイズ 約72 x 70 x 31 (mm)

製品重量   約189g

バッテリー容量 5000mAh

入力 【AC使用時】5V=2A

出力 【AC使用時】5V=2.1A(最大合計x2.1A)【バッテリー使用時】5V=3A (最大合計3A)

パッケージ内容 Anker PowerCore Fusion 5000、Micro USBケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書、18ヶ月保証(※注文番号が保証書の代わりとなります)、カスタマーサポート

製品型番 A1621011(ブラック)、A1621021(ホワイト)、A1621191(レッド)

【Anker PowerCore Fusion5000】使い心地レビュー

USB-A×2とMicroUSB×1の構成になってます。

USBが二つ付いてるのはかなり有難いです。

この時点で通常の充電器の倍は使い勝手がいいですね。

ちなみにモバイルバッテリーとしては、スマホ大体を一回フル充電できる程度のバッテリー量になります。

一点注意ですが、例えば充電器としてスマホを充電する場合、スマホ充電完了→PowerCore Fusion5000本体の充電。

という流れになるので、ある程度充電時間の確保は必要です。

ただし、基本寝る時に充電すると思うので、そこまで心配する必要はないかと思います。

【Anker PowerCore Fusion5000】レビューまとめ

今回は、Anker PowerCore Fusion5000のご紹介でした。

ありそうでなかったアイデア商品です。

こんな小さな一台ですが、スマホ充電問題が劇的に解決しました。

自分みたいな面倒臭がりには本当に助かります。

特に旅行に行くときは、家族分の充電器+もしもの時のモバイルバッテリーと最低でも数台持ち歩いていたので、だいぶカバンが軽くなりました。

ちなみにお値段は公式で2,999円で販売してます。

この利便性で3,000円切るのはありがたいですね。

色はブラック、ホワイト、レッドの三種類あるのでお好みに合わせてどうぞ。

ではでは失礼します。